前へ
次へ

交通事故の際の接骨院の活用のポイント

自動車による交通事故後、医療機関に通わず接骨院のみに通院する人がいます。こういうことも、可能と言えば可能だと言えます。 しかしながらそういった時、治療の必要性に関して疑義が生じることが多く、治療代金や慰謝料に関して保険会社間で紛糾する確率が高いといえます。 接骨院は原則的に特有の症状緩和に役に立つ対処療法的な施術を行うだけで、負傷の実態や状況を結論付けるポジションにないからです。こうした場合、治療に関してはどこまでも自己判断で行っているということになって、治療そのものの必要があるのか否か医学的判断をすることはできません。 その上スタート時から接骨院を活用すると後遺障害認定に価値のあるカルテなどもひとつも残らず、治療経過がわかりません。そういう部分からも治療の必要性に関して疑問を持たれてしまうのはどうにもならない部分です。 むちうちに見舞われると接骨院のみにするのではなく、整形外科に通院しつつ、医師の了解下で接骨院へと通院した方が良いでしょう。

Page Top